Blog
ブログからの「点・線・面」
2020.3.17
伊原 洋光

こんにちは

hm+architects 一級建築士事務所 伊原です。

 

今回は本を1冊(建築の専門書ですが)紹介させていただきます。

 

 

2020年2月に岩波書店より刊行されたばかりの書籍

「点・線・面」です。

 

著者は、世界的なご活躍で広く一般の方にも知られる建築家、隈研吾さん。

みずからの建築思想を、具体的な作品を俯瞰しながらまとめ
ご多忙を極める中、書き下ろされたという渾身の1冊です。

 

モダニズム建築や西欧の建築的伝統と、自身の建築のどこが本質的に異なるか・・

20世紀の「ヴォリューム」を解体しようと熱望され、
原点にあった カンディンスキーやギブソン、ドゥルーズ、新しい自然科学の潮流など
さまざまな思想が流れ込みながら一つの形を取るようになってまとめられた この思想を
著者は「新しい方法序説」と位置づけています。

 

 

解説、参照される事例も多岐にわたります。
こちらは巻末にあります、図版出典一覧ですが、さすが錚々たる資料提供元という印象です。

 

そこに私の写真が1つ・・場違いなような気もしますが「図26」として掲載されました。

以前私が建築家、村野藤吾 設計の「千代田生命本社ビル」を見学した際に撮ったものですが、このたび編集者よりお問い合わせをいただき1点、写真を提供しました。

隈研吾さんが村野建築についてディテールを例に解説をしようと資料を探され、拙ブログ記事(2016年4月)の写真を見つけられたのだそうです。他の専門資料ではこの部分を意図的に説明する写真がなかったようで、ご指定いただきました。

ブログのスナップ写真から、こんなこともあるのですね。
もっとしっかり撮っておけば良かった・・と思っても時すでに遅し(笑)。

 

普段は設計実務作業が中心で、正直なところ読書は疎かになっておりましたが、
「建築の思想と実践」に関する良書を拝読する機会を与えていただきました。

ご興味ある方は是非、手に取ってみてください。