menu
Blog
青葉台の戸建リノーベション計画
2019.12.30
松田 毅紀

HAN環境・建築設計事務所 松田です。
令和元年も後少しですが、皆様には大変お世話になりました。来年もよろしくお願いします。

「一般社団法人 田園都市建築家の会」では、新築工事の計画だけではなく、土地探しや改修工事についての相談も良く受けております。
青葉台の戸建リノベーション計画は、会に相談を受け、私どもが土地・建物探しより係わり横浜市青葉区の眺めの良い高台に建つ中古住宅の改修計画です。

屋根・外壁等の外装は、既存を出来るだけ残して塗り替え等の補修を行い、快適性に係るサッシは、断熱性能の良いサッシに変更。
内装は、構造材を残してすべて撤去し、断熱性能とコストバランスの良い断熱材による改修を行い、間取りも建て主の希望に合わせて変更し、合わせて構造補強も行います。
新たに使用する素材については、無垢の床材、漆喰壁等の自然素材を取り入れることより、安心で快適な住まいづくりを進めて行きます。
日本の住宅の平均寿命は、約30年といわれていますが、今回の改修を気に性能向上による長寿命化を図り、新しい家族の暮らしをサポート出来る住まいに出来れるよう取り組んでいます。