menu
Blog
手作り餃子の無限ループ
2019.12.2
小嶋 良一

こぢこぢ一級建築士事務所の小嶋良一です。

先日、こぢこぢが手がけた『そよかぜハウス』の建主、Mさん夫妻から餃子パーティにご招待頂きました。

メニューはご主人お得意の焼き餃子と奥さんが皮からつくる水餃子の二種。

ご主人が焼いている間に麺棒で延ばして皮をつくる奥さん。

慣れた手つきでどんどん焼きます。

パリパリでめちゃウマ!

つくって食べて飲んで話しての無限ループ。
食べても食べてもひたすら餃子が出てきます。笑
あまりの美味しさに小嶋ひとりで30個以上食べてしまいました。

音楽好きの当山さん(田都会事務局)とのROCK談義が止まりません。
昼過ぎに始まった無限ループは夕方まで続きました。

家づくりでお世話になったお礼という名目で集まった餃子パーティ。
家づくりの思い出話でもしそうな会ですが、そのような話は全く出てこず、友達と飲んでいるみたく、ただただ楽しい会話を続けていました。笑

Mさんからこぢこぢに初めてお問い合わせを頂いたのは2016年11月。
お客さまと不動産屋と建築家という立場で始まったお付き合いは、3年の歳月を経て、「同じ目的を達成した仲間」という関係になっていたようです。ONETEAMってやつですかね。笑

ものづくりやデザインがしたくて志した建築の世界。
若い頃は建物が完成した時が一番嬉しい瞬間でしたが、今は違います。
完成した家にしっくり馴染んでいるお施主さんを見ながら、ご飯を一緒に食べている時。
まさにこの餃子パーティが何よりも嬉しい瞬間です。

このような素晴らしい機会を増やしていけるよう、一つ一つの家づくりに誠実に向き合って行きたいと思います。

 

※『そよかぜハウス』についてはこちらのブログをご覧ください。
https://kodikodi.com/blog/archives/category/project/そよかぜハウス