Blog
開放感とプライバシー
2019.10.10
高橋 隆博

秋!ようやく清々しい青空と爽やかな風を楽しめる季節になって来ましたね~アトリエ秀の高橋です。

今回は、この夏に完成した~明るく開放感のある家~をご紹介します。

横浜市の郊外。敷地は閑静な住宅地の南入りの旗竿敷地です。

南面および東西は隣家の総2階の壁に囲まれ、北側は木々が茂る斜面が迫る。決して狭く無いはずの敷地ながら、四方をぎっしりと囲まれ圧迫感が否めません。

ご家族の要望は、明るく開放感のある暮らし。

当然ながら四方を隣家の壁と斜面に囲まれ、周囲にに対しては、

「開放感 & 明るさ VS. プライバシー」

一般的に魅力ある街並を形成するには、家々はどの様に街に開くかが大きなポイントになりますが、引込み通路でしか社会に接しないこの家では、「外には閉じて、内に開く!」ことで、開放感と明るさとともに安心感 を得る事ができました。

  

唯一のファサード             バルコニーと吹抜けを取り込み開放感あるLDK

 

    

玄関を入るとホールを介し緑が       ホール吹抜けを取り込む        緑溢れるキッチン

 

 

開放感と安定した明るさ                この家は何処からでもバックに緑を感じれる
(バルコニーの向こうはバスルーム)