Blog
イームズ自邸
2019.7.15
遠藤 誠

イームズ自邸に行ってきました…。

というのは嘘で、ちょっと前に竹中工務店東京本店のGallery A4で開催されていた「イームズハウス:より良い暮らしを実現するデザイン展」https://www.onvisiting.com/2019/02/20/tokyo-20190319-3/を見てきました。(上の写真はそこで展示されていた模型の写真、かなり精工!)

イームズというと、建築よりも椅子の方が有名かもしれませんね。当事務所でも3つ程種類違いのイームズチェアーを使っています。実際、イームズの設計した建築はほとんどこれだけ(単独設計は)だけど私が最も好きな建築のひとつ、だけど現物を体感していない建築のひとつでもあります。(かつて何度かイームズ自邸のあるロスに行ったことはあるのですが、今度じっくり見に来よう!と思って、敢えてスルーしてました。)

イームズ自邸に関しては、やはり大好きなケースステディーハウスなど含めてしゃべりたいことはたくさんあるのですが、ここではこの展示会で流れていた『デザインQ&A』というタイトルの対話形式のインタビューの中の、2節だけご紹介したいと思います。

──デザインの定義とは?
ある目的を達成するために必要な要素を組み立てること。

──デザインとは芸術表現ですか?
目的の表現と言いたい。それが優れていたら、後に芸術とみなされる。

う~ん、 まったく同感!

はぁ…1週間くらい休みをとって、LAのイームズ自邸行きたいな…。