Blog
色見本帳
2019.4.10
前川 哲

建築とあまり関係ありませんが、水族館の写真です。

設計をしていると、色を相談したり決めたりという事がよくあります。

素材感や廻りの環境の影響も受けた状態で、感覚的に総体として判断する部分もあれば、色番号で一義的に話をしていく部分もあります。

建築業界でよく使われているものに、日塗工の色見本帳というものがあります。認識の相違を避けられる便利な物ではありますが、魚のような生気のある色は載っていませんね。