Blog
ル・コルビジェ展
2019.3.10
臼井 徹
現在 上野の国立西洋美術館で、ル・コルビジェ展が開催されています。
コルビジェは建築の設計に携わる者であれば誰でも知っている巨匠ですが、2016年に、西洋美術館を含む世界各国の建物が世界文化遺産に登録されたのをご存知の方も多いと思います。
今回の展示では若い頃の活動に焦点をあて、建築・インテリアデザインへと活動を広げていく様を、ピカソやブラックなどの絵画と共に紹介しているようです。
5月19日までですので、是非ともどこかで行きたいところです。
写真は2016年の登録直前に廻った、フランスのコルビジェ建築です。
特にロンシャンの教会とラトゥーレット修道院は感動モノです!
ロンシャンの教会
教会内部
サン・ピエール教会
文化会館
ユニテ・ダビタシオン
ラトゥーレット修道院
修道院内部
ラ・ロッシュ-ジャンヌレ邸
サヴォア邸