Blog
藤沢で小さな集合住宅が、竣工まじかです。
2019.2.25
秋田 憲二

田都会、最年長の秋田憲二です。

藤沢で、RC造3階建ての小さな集合住宅が、まもなく竣工します。

いわゆる、事業物件ですので、まずは事業計画による採算を重視する建物ですが、その中にも他の物件との競争に勝てる、要素をちりばめて、設計しております。

外観は、シンプルな白塗装と打ち放しのコンビネーションで、メインエントランスの壁は杉板型枠の打ち放しです。

外部バルコニーの手すりには色あせをしない人口木材ではなく、田都会の賛助会員である、江間忠木材株式会社さんの天然熱処理木材のエステックウッドを使用しております。経年劣化でいずれは、グレイに変色するのですが、そこが自然を感じられ、建物の歴史を感じさせてもらえます。事業物件では、メンテナンスも考えるとなかなか自然素材は採用されないのですがあえて、ポイントとして、採用することで、建物の顔が出来上がり、人間と同様に年を重ねる素晴らしさをもたらし、地域の歴史とともに地域のランドマークになっていけばと思っております。

田都会では、住宅だけでなく、事業用物件も数多く手がけており、事業収支計画の提出も可能です。

私どもと一緒に、地域のランドマークになり、空室の不安のない、地域に愛される事業計画を考えてみませんか?

まずは、気軽にご相談をお願いします。