Blog
好きな映画
2018.10.29
遠藤 誠

プロフィールに趣味欄があったりすると、「映画鑑賞」と書いてみたりします。なので「それで、好きな映画は?」と聞かれることも多く、そんな時は「ギルバート・グレイプ」と答えることにしています。「ことにしている」というのは、あまりマニアックな映画(それほど詳しいわけではないですが…)を選ぶと引かれるし、かといって絶対的な評価が定まった映画(例えばゴッドファーザーとか…)だと面白くないし、実際ひとつだけ選ぶことなんてできないので、とりあえずこの辺りは好み、という感じのチョイスです。

このアメリカ映画は1993年ラッセ・ハルストレム監督で、キャストはジョニー・デップ、レオナルド・ディカプリオなど。そう聞くとずいぶんな人気俳優を揃えたミーハー映画?と思われがちですが、あそこまで大物になる前のもので、実際この映画での彼らの演技は秀逸です。きっと低予算でしょうし、びっくりするような話も映像も無いのですが、だれが見ても分かり易く、ラストはとてもほのぼのする映画です。

話は変わりますが、映画と建築は似ているとよく言われます。多くの人が携わり、大金を使い、ひとつのものをつくりあげるという点でもそうですし、そのリーダーたる映画監督や建築家は、作品性と大衆性、コストや工程など様々なことを意識しつつ、何とかまとめ上げる…。確かに共通する部分も少なからずあるような気はします。そういう意味では、私はこの「ギルバート・グレイプ」みたいな映画=建築を目指しているのかもしれません。なるべく低予算で、大袈裟なことやものにはせずに、だけどだれもがほんのり温かみを感じるような空間…。

あなたの好きな映画は何ですか? 

私の好きな映画…、あと「寅さん」も捨てがたいな~。