Blog
「設計コンペ」レポート@家づくりカフェ
2018.10.16
西村 巌

こんにちは。事務局&コーディネーターの西村です。
昨日、田都会の提供メニューのひとつ、「設計コンペ」を実施しましたので、ご報告します。

●まずは、お客様の状況から
・地元・美しが丘在住
・ある住宅メーカーさんとお建て替えをご検討するも「プランに納得できなくて・・・・」と、数ケ月前に「家づくりカフェ」に来店
・複数の建築家からプラン提案を受けたいとのご要望をいただき、コンペ実施を決定

●コンペ当日までの大まかな流れ
・9月上旬 コンペに参加する建築家決定
臼井徹さん
遠藤誠さん
宮﨑俊行さん
・9月中旬 参加メンバー全員で現場視察&ご要望ヒアリング
・9月下旬~10月中旬 プランニング期間(ご提案書および模型作成)
・10/15(月) コンペ当日

●コンペ当日
持ち時間は各50分(40分のプレゼント+10分の質疑応答)。
公平性を担保するため、「提案書は3枚、模型も縮尺を揃える」というルール設定。
ただし、プレゼンスタイルは、3種3様・・・それぞれの個性が出ていました。
そしてコンペの醍醐味は、なんといっても、それぞれの提案内容。

「ここまで違うものなのですね!」

3名が模型を出すたびに、それぞれの意外なアプローチに、ご主人の口からは「へぇ~~」っと、感心しきりの声が漏れます^^

「これ、ほんとに1名に絞らないといけないんですか?うれしい悩みですね」(笑)

お客様には、約1週間ほどで誰と進めるかを決めていただく流れとなります。
どういう視点で決められるのか・・・それは、お客様ひとりひとり、そのモノサシにより異なります。
ただ、コンペを見て感じたのは、提示された成果物(プラン)がすべてではないということ。
プレゼンを通じて感じたそれぞれの人柄や雰囲気、そのプランに至った思考プロセスこそが大事なのではないかと感じました。
とにかく、お客様のご判断を尊重し、その選択が最良のものになるよう、事務局としても、いいプロセスをつくっていければと思います。

●プレゼンのトップバッターは遠藤さん

●二番目の宮﨑さん

三番目の臼井さんご夫妻