Blog
将来は2世帯?住宅
2018.8.8
宮﨑 俊行

こんにちは宮﨑建築設計事務所 宮﨑です。
皆さんは2世帯住宅と聞くと、どんな住宅を思い浮かべますか?
各世帯が水廻りも含めて独立している完全分離型でしょうか、
水廻りを共用してる一部共用型でしょうか?
インターネットで検索するとこのようなキーワードが出てきまね。

今回ご紹介するのは、「将来は2世帯?型」住宅です。
弊社が設計監理した、「土間のある家」は
今は両親が健在だが、将来的にどちらか一人になった時は
一緒に暮らすかもしれない。
その時に、大がかりな工事をすることなく
スムーズに新しい暮らしをスタートさせたい
という要望で計画しています。

玄関から
土間を挟んで独立した和室(左奥)とダイニング(右奥)を配置しています。
花台のある床下(正面)には上下水道、ガス管等のインフラが仕込まれています。
和室空間は将来は親世帯のリビングとして、
広めに取った庭の一部(左の掃き出し障子の小窓の裏)と、

断熱性能をキチン取っている大きな土間空間は
親世帯の居住空間にあてがうことを想定しています。
また、間仕切りや外壁壁も将来的に撤去できるように
耐震壁の配置を行っています。

 

初期費用としてはインフラ配管のみが余計にかかるのみですので
将来的に2世帯にしなくてもコスト的な負担は
将来フレキシブルに対応できる安心感に比べれば
微々たるものと考えることが出来ます。

 

このように一言で2世帯住宅といっても
その内容(要望)はご家族それぞれです。
2世帯住宅をお考えの方、あるいは将来は2世帯?住宅をお考えの方
お気軽に田都会にお問合せください。
個性豊かな建築家達がご相談にのります!

弊社HPにも色々な事例を掲載中です。
よろしければコチラもご覧ください。

http://www.miyazaki-aa.jp/