menu
Blog
第4回山深会(高水三山登山)
2018.6.1
松田 毅紀

田園都市建築家の会の課外活動「山部会」の2018年はじめの活動として、5月20日(日)に第4回山深会として奥多摩の高水三山に登ってきました。参加メンバーは、会のメンバー、賛助会のメンバー合わせて総勢10名、今回は、登山初心者が数名参加しました。前日は、5月なのに蒸し暑く、翌日の予報も曇りの予報でしたが、当日は、快晴で気温も上がらず、絶好の登山日和でした。

青梅線の「軍畑駅」に10時に待ち合わせ、朝から9時半から登り、山頂で1時間程昼食して、3時には下山する計画でしたが、初めてのメンバーもおり、少しゆっくりとしたペースで下山したので「御岳駅」には4時過ぎに到着です。帰りには「御岳駅」近くの中華料理店で祝杯を上げ、各々帰宅しました。(次回は、ゆったりと下山後に温泉等が楽しめる山登りも良いですね。)

「高水三山」(今回登山した山)

高水山は東京都青梅市にある標高759mの山である。岩茸石山、惣岳山と共に高水三山とよばれ、東京近郊のハイキングコースあるいは手頃な登山コースとして人気がある。 山頂には真言宗豊山派の高水山常福院があり、4月の第2日曜日には古式ゆかしい獅子舞が披露されている。

○山頂(岩茸石山)での集合写真

○山頂(岩茸石山)からの眺め

○休息風景

○下山後の多摩川の流れ