Blog
試行錯誤のフローリング塗装!
2018.3.4
木内 厚子

こんにちは、スタジオエイトの木内厚子です。

今では住宅の床材で主流になっているフローリングについて、特に先日は現在進行中のリノベーションで、フローリング塗装の色と仕上がりが、なかなかイメージしたものに近づかなくて、試行錯誤したので、そんなお話をしたいと思います。

 

フローリングと一言で言っても、実際はフローリング調のシートを貼ったものから、本物の無垢材、突板を表面に貼ったものなど、いろいろなものがあります。その違いは一長一短のところもあり、施主の要望や使う場所などを考慮して、その時々で適したものをご提案するんです。

 

今回はいくつかの理由から、やわらかめの材種の無垢フローリングがよいだろうという判断が最初からあって、最終的には、ロシア産レッドパインの無垢材と決めました。

フローリングについては、工場塗装品を指定することがほとんどで、それはなぜかと言えば、埃の少ない管理された中で塗装を行ってもらう方が、より製品の仕上がり具合としては安定しているからです。ただし、今回はどうしてもイメージしていた色が、工場塗装品から選ぶことができず、結果的に現場塗装を選択することとしました。

今回 はパイン材を選びましたが、実はパイン材を今までは使うことが少なかったこともあって、塗料や色決めにとても時間がかかりました。木材は材種により、同じ塗料を塗っても色のでかたや、染込み方も違います。材種により向き不向きの塗料もあります。最近気に入って使用しているものから、最近気になっている塗料をいろいろ取り寄せて1回塗り、2回塗りなどなどいろいろ試してみました。決定までに時間はかかってしまいましたが、塗料によるオイルの違いや、色調の違いなどの理解深まり、とても学ぶことが多くありました。

また、選んだ塗料が現場1回塗りで予定していたものが、2回塗りとしたために、自分でも手伝う羽目となりました。もちろん普段はあまり現場で作業などはしなくて、困ったなと後悔したものの・・・・・・・・

この塗装作業も、本来こういったことが好きな気持ちも思い出し、またきれいに仕上がり!(主観です)、また現場の大変さも再認識し、とてもよい機会になったことが収穫でした。

試行錯誤をした、このフローリングの張り上がりが、楽しみです。何かでご報告できる機会があればいたします。

木内厚子/スタジオエイト