Blog
「仙川の住宅」断熱検査
2018.2.10
吉田 立

こんにちは、リツデザイン建築設計事務所の吉田です。

先日、雪の残る現場にて設備設計者にも立会っていただき断熱材の施工状況の検査を行いました。

壁と天井に吹き付けてあるのは「水発泡ウレタン」という断熱材、断熱性が高く、気密性と施工性に優れているのが利点です。

施工性、と言われてもピンとこないかもしれませんが、断熱材は切れ目なく施工することが一番のポイントです。

昔の家と違って開口部などの気密性が高くなっていますので、断熱の弱い箇所があると、そこで結露してしまう可能性が高くなります。

フィルムに包まれている袋状の断熱材ですと、一見断熱が入っているように見えても、端部で袋の中の断熱材が抜けていた、等という可能性があります(もちろんそのような断熱材でもきちんと検査しますが、見えていない端部が勝負、ということになり、その勝負数が多くなります)。

この水発泡ウレタンの場合は、でコンセントボックスや筋交いの裏側もきっちり断熱材の施工が可能です。

現場は細かな部分までしっかりと断熱材が施工されていました。

↓事前打ち合わせのおかげで、ミリ単位の細い隙間までびっちりと施工されています。

ただ、それでも全てが完璧とはいかないもの。

外部とつながる金物の断熱処理や、本当に微細な隙間などについて細かく修正を指示します。

こうして、本当の意味でしっかりと断熱された家が出来上がるのです。

ちなみにこちらの住宅、制振ダンバーを設置しています。

昨年熊本で起きたような繰り返しの地震にも建物の変形を抑え、耐力を維持します。

採用されている熱交換器や基礎蓄熱式全館暖房などなど、まだまだ沢山ご紹介したいのですが、本日はこの辺りで。

 

リツデザイン建築設計事務所 吉田立

プロジェクト
「仙川の住宅」断熱検査
2018.2.10
吉田 立

こんにちは、リツデザイン建築設計事務所の吉田です。

先日、雪の残る現場にて設備設計者にも立会っていただき断熱材の施工状況の検査を行いました。

壁と天井に吹き付けてあるのは「水発泡ウレタン」という断熱材、断熱性が高く、気密性と施工性に優れているのが利点です。

施工性、と言われてもピンとこないかもしれませんが、断熱材は切れ目なく施工することが一番のポイントです。

昔の家と違って開口部などの気密性が高くなっていますので、断熱の弱い箇所があると、そこで結露してしまう可能性が高くなります。

フィルムに包まれている袋状の断熱材ですと、一見断熱が入っているように見えても、端部で袋の中の断熱材が抜けていた、等という可能性があります(もちろんそのような断熱材でもきちんと検査しますが、見えていない端部が勝負、ということになり、その勝負数が多くなります)。

この水発泡ウレタンの場合は、でコンセントボックスや筋交いの裏側もきっちり断熱材の施工が可能です。

現場は細かな部分までしっかりと断熱材が施工されていました。

↓事前打ち合わせのおかげで、ミリ単位の細い隙間までびっちりと施工されています。

ただ、それでも全てが完璧とはいかないもの。

外部とつながる金物の断熱処理や、本当に微細な隙間などについて細かく修正を指示します。

こうして、本当の意味でしっかりと断熱された家が出来上がるのです。

ちなみにこちらの住宅、制振ダンバーを設置しています。

昨年熊本で起きたような繰り返しの地震にも建物の変形を抑え、耐力を維持します。

採用されている熱交換器や基礎蓄熱式全館暖房などなど、まだまだ沢山ご紹介したいのですが、本日はこの辺りで。

 

リツデザイン建築設計事務所 吉田立