Blog
「ちいさなおうち」の話 2-冬暖かく夏涼しい家
2018.2.5
宮﨑 俊行

こんにちは、宮﨑建築設計事務所の宮﨑です。
本日も「ちいさなおうち」の工夫をご紹介します。

「ちいさなおうち」は2階がリビングのお宅です。
これは、
・敷地の近くの公園の緑が借景として利用できる立地
・ご主人の定年を控え昼間時間を過ごすリビング空間を大切にしたい
など諸々の条件を考えた結果です。
公園を望む方角には室内外の緩衝地帯として、
懐の深いバルコニーを設け、大きな窓を配置しました。

でも、そんなに大きく窓を開けたら夏は暑いし冬なんか寒いんじゃない?

と心配になりますよね?

 

そこで「ちいさなおうち」では、一工夫!
バルコニーによってつくられた大きな庇が
太陽高度の低い冬は太陽の光を積極的に室内に取り込み
逆に高度が高くなる夏は大きな庇により、照りつける太陽の光をカット
する工夫がされています。

この工夫により
少ない空調エネルギーで、快適な住環境を可能にしています。
いわゆるパッシブハウスの考えですね。

 

ちいさな工夫の積み重ねが
快適な暮らしの下支えとなっています。
弊社HPにも「ちいさなおうち」の記事を掲載予定です。
(先日、外観写真を撮影しました)
よろしければコチラhttp://www.miyazaki-aa.jp/もご覧ください。

プロジェクト
「ちいさなおうち」の話 2-冬暖かく夏涼しい家
2018.2.5
宮﨑 俊行

こんにちは、宮﨑建築設計事務所の宮﨑です。
本日も「ちいさなおうち」の工夫をご紹介します。

「ちいさなおうち」は2階がリビングのお宅です。
これは、
・敷地の近くの公園の緑が借景として利用できる立地
・ご主人の定年を控え昼間時間を過ごすリビング空間を大切にしたい
など諸々の条件を考えた結果です。
公園を望む方角には室内外の緩衝地帯として、
懐の深いバルコニーを設け、大きな窓を配置しました。

でも、そんなに大きく窓を開けたら夏は暑いし冬なんか寒いんじゃない?

と心配になりますよね?

 

そこで「ちいさなおうち」では、一工夫!
バルコニーによってつくられた大きな庇が
太陽高度の低い冬は太陽の光を積極的に室内に取り込み
逆に高度が高くなる夏は大きな庇により、照りつける太陽の光をカット
する工夫がされています。

この工夫により
少ない空調エネルギーで、快適な住環境を可能にしています。
いわゆるパッシブハウスの考えですね。

 

ちいさな工夫の積み重ねが
快適な暮らしの下支えとなっています。
弊社HPにも「ちいさなおうち」の記事を掲載予定です。
(先日、外観写真を撮影しました)
よろしければコチラhttp://www.miyazaki-aa.jp/もご覧ください。