Blog
高校生プロデューサー はりまのちっちゃな台所
2017.12.6
山田 悦子

アトリエエツコの山田です。
昨年から私の地元である兵庫県加西市で
播磨農業高校生達がプロデュースする「はりまのちっちゃな台所」
という事業に建築家アドバイザーという立場で参加しております。

彼らが学校で作っている野菜・果物・穀物・牛・鶏はとても美味しいく、
その食材をつかったレストレンを高校生達でプロデュースして
自分たちが作った食材を様々な人に食べてもらいたい!という思い出発足している事業です。

ようやくレストランとなる物件もようやく決まり、
先日は高校生達と一緒に現地視察に行ってきました。
基本的には増築部分である昭和60年代の建物部分を利用しますが、
建物本体は大正時代の料亭で、20年近く空き家になっています。
広いお座敷があったり、外から見えないところに大きな中庭があったり…と探検さながらでした。

今後、この建物が様々な人が集まり、美味しい食を介してコミュニティーの場になるように…
と高校生達の志はとても高く、私自身もとても勉強になる会となっています。