プロジェクト
「仙川の家」工事が始まりました
2017.10.30
吉田 立

こんにちは、リツデザイン建築設計事務所の吉田です。

仙川の家、いよいよ工事が始まりました。既設配管の役所調査や、埋蔵文化財調査等で工事前に少々時間がかかりましたが、いよいよ工事が始まりました。

さて、この写真の風景、工事現場で最初に見かける光景ではありませんか?

木で囲いがしてあって、でもまだ何もしていないように見える、この状況。

「立ち入り禁止の囲い」ではありませんよ。

これは「遣り方(やりかた)」といって建物の基準を正確に出す、とっても重要な工事なんです。

水平方向に張ってある木材は、水平の基準面を形作っています。

ここに黄色の細い糸(水糸)を使って空中に正確な図面を書き出すイメージですね。

何にせよ、建物の基準となるものですから、これが間違っていると全てが間違ってしまうとても重要な工程なんです。

もちろん、基準ですから雑な扱いは厳禁です。

鉄筋コンクリートの基礎が出来上がるまで、測るとき、作るとき、チェックするとき、と大活躍です。