Blog
『森鷗外記念館』;心地よい空間と時間が流れる
2017.8.16
田井 勝馬

『森鷗外記念館』;心地よい空間と時間が流れる

〜多くの文化人が好んで住んだ千駄木「文の京」〜〜
お盆休みの合間、久しぶりにゆったりと下町を巡った。
墨田亀沢、文京千駄木、団子坂・・・根津神社をぶらぶと散歩がてらにこの界隈を楽しむ。
「青年」の一節にも出てくるこの風景に、何処と無く情緒を感じながら・・・ゆっくりとした足取りで・・
お盆休みとあって人もまばらなのが、かえってこの街の雰囲気を醸し出しているかのようだ。
 
普段ではなかなか得られない至福なひと時に、道すがら久しぶりに鴎外記念館に足を運んだ。
鷗外、終の住処「観潮楼」の跡地に建てた記念館、建築家;陶器二三雄の作品。
いつ来ても心地よい空間と時間がゆったりと流れる。
ついつい長居をしてしまう・・そんな建築に憧れる。
あ〜!もう夕暮れ時だ、そろそろ帰ろう・・・・・
田井勝馬