menu
Blog
WITHコロナ〜建築業界と不動産市況
2021.9.23
高橋 隆博

アトリエ秀の高橋です。コロナの蔓延も第5波は落ち着きを見せ、更なる第6波へはこれまでとは逸した対策が期待さレますが、果たして目前の自民党総裁選は吉と出るか凶と出ますやら、、、

このコロナ禍になり、住まいを郊外へ求めたり、地方やしぜんを求めて別荘や別宅など2拠点生活を送る方が増えたり……という話はよく耳にされると思います。

そんな中私達の事務所では、この春以降の新規案件で少し新たな動きが出てきています。

郊外の物件では、趣味でコレクションをしている欧米の旧車を一堂に集めるミニ博物館的な別宅のプロジェクトが始まる一方で、渋谷区松濤の150坪の土地を購入されや方のご自宅や大田区の60坪の土地を取得しようとされている方、また広島では中心市街地に所謂オーナー住戸付きのテナントビルなど、、、郊外やリゾート暮らしの別荘でもない、土地の坪単価300万円前後の地区や地方都市でも中心市街地といったエリアの住宅が続いているのです。

中国では土地バブル問題にとうとう共産党が手を打ち出しましたが、我が国でもウッドショックにうつつを抜かし、断片的な話で一喜一憂する光景を散見しますが、、社会の構造や原理原則や構造を知った上で、実情や変化を感じ取っていかなければならないと、改めて自分に言い聞かせている今日この頃です。

以下、写真は広島での木質化された鉄筋コンクリート造のビルに於けるオーナー住戸の工事写真です

外壁を構成する厚板集成材をそのまま塗装した内装仕上げ

リビングから段差無く約20畳の屋外デッキ空間(アウトドアリビング)へ続く

外壁の厚板集成材で造作した3mに及ぶ対面カウンター。空間に溶け込見ながらキッチンをブラインドしつつ使い勝手が良い!

一部外壁を表しにした畳空間は様々な暮らしのシーンで活躍する

外壁の厚板集成材で創られた洗面カウンター

外壁の厚板集成材と構造躯体のRCは部分的素顔を見せる

内装工事前のスケルトン状態〜外壁は厚板集成材で出来ている

内装工事前のスケルトン状態〜RC造であるが木造床部分がある=将来の上下階での増改築が可能にする

たまプラーザにある田都会の「家づくりカフェ」は、
ウェブサイトに掲載されていない建築家の事例写真や建築事例の情報など、建築家との家づくりの実際をご覧いただける
家づくりの情報発信スペースです。お買い物・お散歩のついでにお気軽にお立ち寄りください。
定期的に各種家づくりに関するセミナーも開催しています。

家づくりカフェ

家づくりカフェ (田園都市建築家の会事務局)

営業日・営業時間
  10:00~17:00   定休日 毎週水曜日
  年末年始 休業(HPでご案内いたします)

お問合せ先
  TEL: 045-482-6140 FAX: 045-482-6141
  e-mail  info@denen-arch.com
  〒225-0002
  神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-12-3 第7松美ビル201
  [Google Maps で開く]

※ 現在、新型コロナウィルスなどの感染症対策のため、同時にご入場いただくグループを制限させていただいております。
右の下の予約フォームからご予約いただくか、お電話でご来場日時をご一報いただいてからのご来場となる旨、ご了承ください。
※ 感染症対策のため、マスクをつけてのご入場をお願いしております。
ご協力のほどお願いいたします。

ご来店のご希望日時を指定してお送りいただけます。
受信後田都会からメールを返信いたしますので、それをもってご来場予約の確定とさせていただきます。
当日などお急ぎの場合はお電話でご連絡ください。
TEL: 045-482-6140

「家づくりカフェ」ご来店日時希望フォーム

    ※定休日の水曜日以外をご選択ください。

    このコンタクトフォームは Google reCAPTCHA で保護されています。
    プライバシー - 利用規約

    田都会では、土地や建築予算などが未定でも家づくりのご相談を始められます。
    家づくりに関するお問い合わせ・ご質問はこちらから。

    お問い合わせフォーム