menu
Blog
サイン照明・間接照明 失敗から学ぶこと
2021.9.15
木内 厚子

スタジオエイト設計室の木内です。

こちらのブログでも紹介したことのある「100段階段プロジェクト」の階段下のサイン、街のマップが描かれ、夜間は薄暗らかった場所を、明るくしています。しかし、サインを照らす照明が、階段を下りてくる際に眩しい!との、街の方からご意見をいただき、解決すべく、検討と実験を先日行いました。

サインを照らすという機能をできるだけ損ねることなく、眩しさを軽減するための実験です。

↓実験中の写真です。

左側から、

「光を通さない素材で135度の角度のついた笠」、「パンチングメタル」「乳白ポリカーボネイト板」「くもりガラス調ポリカーボネイト」「グレースモーク調ポリカーボネイト板」の5種類のものを実際に設置して試してみました。

ポリカーボネイト板の中では、グレースモーク調のものが、眩しさを軽減させることはわかりましたが、照明器具のラインがはっきり見えてしまい、それが美しくないようにも思いました。

パンチングメタルも、穴の開口率が適切であると、光を出しながら眩しさを軽減するらしいのですが、今回用意したものは穴が大きかったのか、少し眩しさを感じます。

135度の角度をつけた笠は、間接照明メーカーの方のアドバイスから試したのですが、光は直接見えないため眩しさもなく、一番心配していたサインを照らす光も思ったよりも残りました。こちらは、実は照明の位置と階段の角度、人の目線の高さ等から算出した形であったので、光を直接見せない間接照明の基本を改めで学べた気がします。

今回は135度の角度をつけた笠を設置し、眩しさを改善することになりました。失敗はしない方がよいですが、失敗から学ぶことも多いとも感じ、日々の精進を心がけ、次の設計に活かしていきたいと思います。。

たまプラーザにある田都会の「家づくりカフェ」は、
ウェブサイトに掲載されていない建築家の事例写真や建築事例の情報など、建築家との家づくりの実際をご覧いただける
家づくりの情報発信スペースです。お買い物・お散歩のついでにお気軽にお立ち寄りください。
定期的に各種家づくりに関するセミナーも開催しています。

家づくりカフェ

家づくりカフェ (田園都市建築家の会事務局)

営業日・営業時間
  10:00~17:00   定休日 毎週水曜日
  年末年始 休業(HPでご案内いたします)

お問合せ先
  TEL: 045-482-6140 FAX: 045-482-6141
  e-mail  info@denen-arch.com
  〒225-0002
  神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-12-3 第7松美ビル201
  [Google Maps で開く]

※ 現在、新型コロナウィルスなどの感染症対策のため、同時にご入場いただくグループを制限させていただいております。
右の下の予約フォームからご予約いただくか、お電話でご来場日時をご一報いただいてからのご来場となる旨、ご了承ください。
※ 感染症対策のため、マスクをつけてのご入場をお願いしております。
ご協力のほどお願いいたします。

ご来店のご希望日時を指定してお送りいただけます。
受信後田都会からメールを返信いたしますので、それをもってご来場予約の確定とさせていただきます。
当日などお急ぎの場合はお電話でご連絡ください。
TEL: 045-482-6140

「家づくりカフェ」ご来店日時希望フォーム

    ※定休日の水曜日以外をご選択ください。

    このコンタクトフォームは Google reCAPTCHA で保護されています。
    プライバシー - 利用規約

    田都会では、土地や建築予算などが未定でも家づくりのご相談を始められます。
    家づくりに関するお問い合わせ・ご質問はこちらから。

    お問い合わせフォーム