menu
Blog
タグ:集合住宅 記事一覧
  • Posted 2022.5.9
  • アトリエハレトケ長崎です。

    皆さまGWを明けていかがお過ごしですか?

    今日は「建築と検査」についてお話ししたいと思います。

    一つの建築物が出来上がるには、それが大きな公共建築であっても、小さな個人住宅であっても、

    程度の差こそあれ、幾つもの検査に合格しなければなりません。

    その検査の代表的なものが「完了検査」と「消防検査」です。

    まさに本日、墨田区にて進めてきた共同住宅(複合施設)の検査日でした。

    午前に「完了検査」、午後に「消防検査」でした。

    建築物の高さを確認しているところです

    上の画像は、午前に行われた「完了検査」の様子です。

    建築確認検査機関の検査員が現地に来て、当該建物が建築基準法に適切に遵法していることを確認して行きます。

    今回の建物は、地上7階建て延べ面積1900㎡超の集合住宅のため、確認事項が多岐に渡り、検査には時間がかかりました。

    午前9時30分から開始して、終了が正午過ぎでしたから、2時間半以上の検査となりました。

    排水のための最終桝(マス)を蓋を開けて確認しています

    施工関係書類の検査を40分、EV(昇降機)の検査を更に40分ほどかけて行ったあと、いよいよ建築本体の検査です。

    建築物の高さの確認に始まり、構造躯体の配筋やコンクリート強度の確認、手すりの高さ、廊下や階段の幅、主要な出入口や避難経路の確認、各種設備配管や桝の確認、窓やガラスの防火性能やクロスの防火表示、そして認定工法のビスやタッカーの種別や間隔に至るまで、一つ一つこと細かに確認して行きます。

    本日の検査員の方は、特に念入りな検査をされる方で、微に入り細を穿つ検査でしたが、その分安心感がありました。

    現場サイドの私たちは戦々恐々と構えておりましたが、これまでしっかりと丁寧な施工と現場監理を積み重ねて来た甲斐あって、なんと!「指摘事項ナシ」でした!これは胸を張れます!

    え?指摘事項ナシなんて当たり前なのでは?!と思われるかもしれませんが、実はこれはとても素晴らしいことで、小さな個人住宅であっても何かしらの是正指導を頂くことは少なからずあるんです。

    今回規模のプロジェクトで指摘事項ナシというのは本当に誇らしいこと。素晴らしい施工チームに恵まれたおかげです。

    さて、お昼ご飯を挟んで、午後の部は「消防検査」です。

    消防検査に備えて、連結送水管の水圧検査と送水検査の準備をしているところです

    午前の「完了検査」を無事に終え、午後の「消防検査」はスムースに終わるかな?と思っていたのですが、甘かった!

    消防庁から総勢3名もの検査員が来て、全住戸の詳細はもちろん、共用部から敷地に至るまで、徹底的に検査されました。

    避難はしごの動作と長さの確認をしています

    午後1時半に始まった「消防検査」は午後4時にまでおよび、午前の「完了検査」と同様、2時間半以上の検査となりました。

    そして細かな検査の結果、「消防検査」も「指摘事項ナシ」となりました!これは嬉しい!!

    検査中は緊張感溢れる重い空気でしたが、晴れて「指摘事項ナシ」となり、現場一同、ほっと胸を撫で下ろしたのでした。

    今回は、午前、午後ともに稀に見るレベルの厳しい検査だったと率直に思います。

    でも、それはそれでとても大切なことだし、それをクリア出来たこともとても良い経験になったな、と感じました。

    本日の検査はこれにて以上となり、建築物が完成するまでに必要な二つの大きなハードルをクリア出来ました。

    建物南側の全貌です

    でも実は検査自体はまだまだ続きます。

    後日、瑕疵担保責任保険の検査、集合住宅条例に基づく敷地緑化の検査、清掃局によるゴミ置場などの立会検査、そして我々設計事務所による検査や建築主による施主検査および再検査など、今月末のお引渡しまで、続々と検査が控えています。

    こんな風に幾つもの検査を経て、一つの建築物がこの世の中に生み出されるのです。

    皆さんはご存知でしたか?

    普段、街並みを見ているだけでは想像だにしないプロフェッショナルな世界が、そこにはあるのです。

    だからこそ我々建築家は、自分達が構想した建築物ができる限り長い生命を生きられるよう祈りながら、より良い仕事をすべく日々学びと努力を重ねるのです。

    興味を持って頂いた皆さま、こんなディープな世界を是非私たちと一緒に旅してみませんか?

    本日はアトリエハレトケ長崎がお伝えしました。

    またの機会をお楽しみに!

  • Posted 2021.8.10
  • アトリエハレトケ長崎です。

    連日の酷暑の続く7月8月ですが、現場の作業は進みます。

    暑い最中、一生懸命、連日の作業をして下さる職方には本当に頭が下がる思いです。

    こちらがその成果。

    全7階の内、ようやく2階まで上がってきた状態ですが、柱の主筋が青空へと伸びる様子は、まるでスケッチで幾重にも線を重ねて正しい一本の線を手繰り寄せる過程のようにも見えます。

    こうして見ると、自分の思考が手を通じて図面となり現場へと伝達されていく・・・そのリレーの素晴らしさを実感します。

    自分たちが描いた図面を元に現場は組み上げられて行く訳で、我々の監理検討と現場作業の両輪が上手く回ることで、優れた建築物として結実していくのが「建築」というチームワークの最大の醍醐味なのだと思います。

    先日、現場監督がポツリと呟いて下さった「我々はチームとして良い成果を引き出すべく頑張っているわけですから」という言葉、とても心強く、しっかりと胸に刻み込んで、最善の結果を求めて我々も頑張りたいと思います!

    現場の皆さんも、どうか熱中症などくれぐれも気をつけて、良い作業を精一杯お願いいたいます!

    共に熱い夏を過ごしましょう!!

    以上、アトリエハレトケ長崎がお送りいたしました。

たまプラーザにある田都会の「家づくりカフェ」は、
ウェブサイトに掲載されていない建築家の事例写真や建築事例の情報など、建築家との家づくりの実際をご覧いただける
家づくりの情報発信スペースです。お買い物・お散歩のついでにお気軽にお立ち寄りください。
定期的に各種家づくりに関するセミナーも開催しています。

家づくりカフェ

家づくりカフェ (田園都市建築家の会事務局)

営業日・営業時間
  10:00~17:00   定休日 毎週水曜日
  年末年始 休業(HPでご案内いたします)

お問合せ先
  TEL: 045-482-6140 FAX: 045-482-6141
  e-mail  info@denen-arch.com
  〒225-0002
  神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-12-3 第7松美ビル201
  [Google Maps で開く]

※ 現在、新型コロナウィルスなどの感染症対策のため、同時にご入場いただくグループを制限させていただいております。
右の下の予約フォームからご予約いただくか、お電話でご来場日時をご一報いただいてからのご来場となる旨、ご了承ください。
※ 感染症対策のため、マスクをつけてのご入場をお願いしております。
ご協力のほどお願いいたします。

ご来店のご希望日時を指定してお送りいただけます。
受信後田都会からメールを返信いたしますので、それをもってご来場予約の確定とさせていただきます。
当日などお急ぎの場合はお電話でご連絡ください。
TEL: 045-482-6140

「家づくりカフェ」ご来店日時希望フォーム

    ※定休日の水曜日以外をご選択ください。

    このコンタクトフォームは Google reCAPTCHA で保護されています。
    プライバシー - 利用規約

    田都会では、土地や建築予算などが未定でも家づくりのご相談を始められます。
    家づくりに関するお問い合わせ・ご質問はこちらから。

    お問い合わせフォーム