menu
Blog
タグ:猫の家 記事一覧
  • Posted 2019.10.21
  • アトリエハレトケ長崎です。
    台風15号に続き、19号においても被害を受け、日常を取り戻すために今この瞬間にもご尽力されている全ての皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。

    今年は夏の暑さが長く続き、秋は一体どこへ行った?と思っているうちに、未曾有の激しさを伴った台風の直撃が2度もありました。
    台風が去ると同時に秋を飛ばして一気に冬が近づいた印象で、衣替えや冬支度が間に合っていないご家庭も多いのではないでしょうか?
    不養生で風邪など召されぬよう、皆様くれぐれもお気をつけ下さいませ。

    私の住まいでも、11月を待たずしてすでに何日か床暖房を使用してしまいました。
    蓄熱式の床暖房のため、温度調整は細かく出来ない代わりに、床の表面25度前後の低めの温度で安定した環境を作ることが出来ます。

    ウチの長男は猫くんですが、彼はいつでも快適なポジション取りに余念がありません。
    普段はベッドの隅やソファ、私の椅子の座面などがお気に入りの場所ですが、床暖房を入れた途端この有り様(笑)

    猫というよりもはやヒトですね・・・。本人は間違いなくヒトだと思っていることでしょう。
    彼に倣って私も隣で床に寝そべってみましたが、そのまま1時間ほどウッカリ寝落ちしてしまいました。
    さすが快適ポジション取りの名人(笑)まちがいない・・・。

    こんな快適さも、それを下支えしてくれる「健全な家づくり」あってのことです。
    田都会では、建築家が日々切磋琢磨しながら、家づくりの技術向上に取り組んでおります。
    是非一度、私達の「家づくりカフェ」にお越し下さい。
    そして皆様の家づくりについて、私達と一緒に考えてみませんか?

    今回の台風のあと、汚泥掻き出しなどの復旧作業を経て、非常時にこそ日常を維持出来ることの大切さを痛感しました。
    安心で快適な住まいづくりに求められる基本的な設計条件をいま一度振り返りながら、当たり前のことを当たり前に実現する「健全な家づくり」の設計技術をより一層向上して行こう。
    田都会一同、そう強く決意しております。

  • Posted 2018.5.2
  • 明日5/3(木・祝)内覧会の「仙川の住宅」

    ご提案当初からの模型も展示しています。

    同じ敷地でも、暮らしのかたちは一つではありません。

    1/1スケールの建物と模型を見比べて

    想像を膨らませるのも内覧会の楽しみ方の一つかもしれません。

    内覧会お申し込みは下記より受付中です。

    【ご見学のお申込み・お問合せ】

    下記の連絡先まで

    ①お名前

    ②ご住所

    ③ご連絡先

    ④ご来場人数

    をお知らせください。

    ◆連絡先;田園都市建築家の会(info@denen-arch.com/045-482-6140)
           または
           リツデザイン建築設計事務所 吉田(r_d_archi@ybb.ne.jp/090-3548-9670)
    ◆当日の連絡先;リツデザイン建築設計事務所 吉田 090-3548-9670
  • Posted 2018.3.14
  • 空前のペットブームですね。今や<ペット>は<子育て><介護>と共に経済の三種の神器と言っていいようです。時代は「ペット可」から「ペットと楽しむ」「ペットと癒し」といったハードからソフトそして質へと移っています。

          

    巷では、犬とのくらし~猫とのくらし~を題材にしたコンテンツがそこかしこに氾濫するようになり、それに比例して眉をひそめてしまう内容も増えています。興味本位や知ったかぶりだったり…….

    近年、私の講演や執筆の中でも、「犬や猫」の内容に関するの依

    頼が増えてきています。

     

    ペットを家族として暮らしを楽しむ環境は、以前より格段に整って来ています、エアデールテリアと暮らす我家にとっても喜ばしいことではありますが、人間のエゴと動物に対する無知さ加減に出くわす度、ペット業会(モラルと教育)の未熟さを痛感し、欧米との差を感じざるを得ません。

    ペットの幸せのかたちはひとつではありません。そして動物本来の生態を知らずして安易な仕掛けに走っても、結果として人にもペットにもストレスを生んでしまうものなのです。(最近の寄稿です→エクスナレッジ)

  • Posted 2017.6.27
  • 初登場、高橋隆博@アトリエ秀(しゅう)です。施主にとって家は暮らしの舞台。私達は常日頃クライアントと様々なコミュニケーションの中から種々の提案をしています。しかし、一歩も外に出ない家猫達にとってはどうでしょう。その家は人生全て(猫生)なのにも関わらず、プレゼンどころか本人から要望を聴くことも出来ない。。。。いつも、こちらの探求と経験の中からの一方的な家づくり、そんな訳で、その後の様子を見るまでは何となく安心できません。

     

    そんな中、2匹の猫がいるお宅がこの春竣工しました。

    引越当日の猫たち。目論み通りに探検開始、、、、、先ずはよしよし、、、、

        

     

    そして先日、お引越し後2ヶ月ほど経って、竣工写真の撮影でおじゃましたのでした。すると〜

    カメラマンと撮影中、あの恥ずかしがり屋の黒(仮名)が
    何してるの?と呼びに来たかと思えば、、、、

    奥さんが落ちないかと最後まで心配してい螺旋階段を、

    ついて来いとばかりに、何度も横をすり抜け上り下り。どれどれ、、、、

    着いて行くと~、今度は我が物顔で寝室の猫ドアを出たり入ったり。。。。。フフフッ

     

    シャッターの音だけが鳴り響く中(何故か撮影中はし〜んとなる。音は撮らないのに…w)、

    「見て!見て!」と、全てが自慢げなアピールに〜〜〜思わず小さくガッツポーズ!!

     

    そして撮影も無事終わり通い慣れた帰り道は、口笛吹きながらハンドルを握るのでした。。。。。

     

    〜と、スタッフも皆帰り、誰もいない事務所で一人このブログを書く私に付き合ってくれるミット。。。

    まぁ、君には外の世界もあるもんなぁ〜………あらっ、いびきかいてる(苦笑)