menu
Project
タグ:ダクト 記事一覧
  • Posted 2018.4.10
  • こんにちは、リツデザイン建築設計事務所の吉田です。

     

    桜の季節も終わり、新緑が眩しい季節になりましたね!

     

    「仙川の住宅」ももうそろそろ完成が見えてきました。

     

    今回は少し遡って全館空調について。

    全館空調って何を基準に選べばいいの?

    という方は、別に記事をアップしていますのでぜひそちらをご覧ください。

    全館空調って・・・その1

    全館空調って・・・その2

     

    「仙川の住宅」のお施主様が求められたのは

    ・花粉やPM2.5等、屋外の有害物質を室内に入れないこと

    ・清掃性の高い熱交換方式(自分でいつでも清掃できること)

    ・全館空調方式において、湿気・臭気発生源を含めた空気の流れをコントロールすること

    でした

     

     

    先ず、建物内の空気を高レベルでコントロールする必要があったので、第1種換気を採用です。

     

    次に、熱交換器には清掃性の高さ、湿度発生源も含めた換気計画の必要がありましたので顕熱交換器を採用しました。

     

    空調機は、暖房と冷房を役割を分ける方式を採用。

    暖房は下から暖める「基礎蓄熱全館暖房」を採用。

    冷房は上から冷やす「ダクト式エアコン」を採用しました。

     

     

    基礎蓄熱式全館暖房+全館空調+熱交換器を採用した仙川の家。

     

    屋外から取り込んだ新鮮な空気が、空調と一緒に建物内を廻り、排気ルート各所から回収されていく計画です。

     

     

    基礎蓄熱式全館空調は、家全体を余すところなく暖めてくれます。

    特に良い点は

    ・輻射式で家の隅々まで暖かい風の無い暖房

    ・コンクリート躯体に蓄熱するため、作った熱に無駄が少ない

    ・家の床、壁、天井や家具などが温まるので、冬場に窓を開けても快適な暖かさを保持しやすい

    ・建物自体の木材も乾燥した状態を保持できるので、家が長持ちする

    という点ですね。

     

    注意点は

    ・蓄熱式なので、スイッチを入れればすぐ暖かくなる、切ればすぐに冷える、というものでは無いという点だけ慣れが必要

    ということでしょうか。

     

     

    ダクト式エアコンは、主に人のいる場所に向けてダクトを回していきます。

    断熱性・気密性を高めた外皮により、エアコンは各階1台で賄っています。

    写真のように、エアコン、換気、暖気経路、それぞれの送気経路に合わせた、様々なダクトが設置されていきます。

     

     

    快適な全館空調を実現するには、「理想の住まい方」に合わせたフレキシブルな設計と、細やかな施工が必要不可欠です。

    どこかのメーカーの全館空調パックではない、オーダーメイドの空調システムを一緒に作り上げてみませんか?

  • Posted 2018.4.7
  •  

    こんにちは、リツデザイン建築設計事務所の吉田です。

     

    今日は全館空調について、少し長くなりますので、2回に分けてご紹介したいと思います。

     

    (写真は「千川の住宅」の空調機、主に冷房用として採用しました)

    全館空調、という言葉、一度はお聞きになられたことがあると思います。

    『○○の全館空調』のようなものを売りにしている住宅メーカー・建設会社もありますね。

     

    私たちも「一番良い空調はどれか?」と聞かれることがありますが、これは様々な方式があり、ユーザーが何を求められているか、で空調方式を選ぶ基準がガラッと変わってきます。

     

    私たち設計事務所は、メーカーに縛られることなく、どのような空調方式も選択可能です。

    お施主様の求められる「住まい方」を実現するために、様々な方式をご提案し、お施主様と一緒に最良の方法を探し出していきます。

     

    さてそれでは全館空調について、とお話したいところですが、空調と併せて室内の空気の入れ替えをどのように行うか、を考える必要があります。

     

    気密性が高くなった現在の住宅において、計画換気は必須です。

     

    住宅で使われる換気方式は

    第一種換気→給気も排気も機械で行う

    第三種換気→排気のみ機械で行う(以前はこれが主流でしたね)

    の2種類。

     

    ここでは給気も排気も機械で行う第一種換気について、何を基準に選ぶと良いかをご紹介します。

     

    ≪熱交換器について≫

    気密性の高い住宅において、計画的に室内の空気を入れ替えてあげることが必要です。

    室内の空気を屋外に捨て、屋外の空気を取り込むわけですから、そこで温度の違う空気が室内に入り込みます。

    寒い冬には暖かい空気を捨てて冷たい空気を取り込み、夏はこの逆のことが起こります。

     

    当然エネルギーのロスが発生しますので、「捨てる空気」と「入る空気」の間で『熱』を受け渡しましょう、というのが熱交換器の基本的な役割です。

     

    この熱交換機には以下2種類の方式があります。

     

    (1)全熱交換式

    温度の受け渡しだけではなく、「湿度」も受け渡しをします。

    ◯梅雨の除湿、冬場の乾燥防止に役立ちます

    △室内で発生する強い湿気、強い臭気に弱く、別の換気計画が必要になります。

    △熱交換器が汚れた場合、素子の交換が必要になります。

     

    (2)顕熱交換式

    温度のみの受け渡しをします。

    ◯湿度・臭いを回収しないため、全室まとめて換気計画が可能です。

    ◯熱交換器が汚れた場合、水で洗浄可能です。

    △屋外が高湿度になった場合、室内にも湿気が入り込みます。

    △冬場は室内が乾燥傾向になります。

     

     

    上記の違いを簡単にまとめると、湿度コントロール、清掃性(臭いを含む)の2点になります。

     

    この、湿度と清掃性についてのお施主様のお考えは、全館空調方式の選択にも大きく影響してきます。

     

     

    ちなみに花粉やPM2.5を取り除くのは、熱交換器に付属するフィルターの性能に依り異なります。

    このフィルターの性能もメーカーによって様々。

    目的やコストを良く把握して絞り込んでいきます。

     

    先ずは熱交換方式を選んだ上で機種選定に入る、ということですね。

     

     

    はー、、、文字だけなのに長くなりました。

    読むのも疲れましたよね、 、

     

    ここまでお付き合いありがとうございます。

    真剣に空調方式をご検討されている方のお役に立てれば幸いです。

    さらに気になる方はgoogle先生か私まで、どうぞお気軽にお問い合わせください(^ ^)

     

    全館空調についてはまた次回!

     

    ありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ

     

たまプラーザにある田都会の「家づくりカフェ」は、
ウェブサイトに掲載されていない建築家の事例写真や建築事例の情報など、建築家との家づくりの実際をご覧いただける
家づくりの情報発信スペースです。お買い物・お散歩のついでにお気軽にお立ち寄りください。
定期的に各種家づくりに関するセミナーも開催しています。

家づくりカフェ

家づくりカフェ (田園都市建築家の会事務局)

営業日・営業時間
  10:00~17:00   定休日 毎週水曜日
  年末年始 休業(HPでご案内いたします)

お問合せ先
  TEL: 045-482-6140 FAX: 045-482-6141
  e-mail  info@denen-arch.com
  〒225-0002
  神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-12-3 第7松美ビル201
  [Google Maps で開く]

※ 現在、新型コロナウィルスなどの感染症対策のため、同時にご入場いただくグループを制限させていただいております。
右の下の予約フォームからご予約いただくか、お電話でご来場日時をご一報いただいてからのご来場となる旨、ご了承ください。
※ 感染症対策のため、マスクをつけてのご入場をお願いしております。
ご協力のほどお願いいたします。

ご来店のご希望日時を指定してお送りいただけます。
受信後田都会からメールを返信いたしますので、それをもってご来場予約の確定とさせていただきます。
当日などお急ぎの場合はお電話でご連絡ください。
TEL: 045-482-6140

「家づくりカフェ」ご来店日時希望フォーム

    ※定休日の水曜日以外をご選択ください。

    このコンタクトフォームは Google reCAPTCHA で保護されています。
    プライバシー - 利用規約

    田都会では、土地や建築予算などが未定でも家づくりのご相談を始められます。
    家づくりに関するお問い合わせ・ご質問はこちらから。

    お問い合わせフォーム