Blog
吹抜けは寒くないですか?-快適な吹き抜け空間の作り方
2018.10.16
宮﨑 俊行

こんにちは、宮﨑建築設計事務所 宮﨑です。

今日は吹き抜けと、暑さ寒さのお話です。

 

よく、吹き抜けのある空間をご提案した時に

「開放的なリビングだと、冬寒くないですか?」とご質問をいただきます。

確かに断熱性能の低いお宅で、何も考えず闇雲に計画してしまうと

失敗に終わると思いますが、

きちんと断熱性能を取って、冬は太陽のエネルギーを蓄熱し

反対に夏場は暑い太陽のエネルギーをシャットアウト

してあげると吹抜け空間は、快適になります。

ちなみに、この考えで作られる住宅をパッシブハウスといいます。

弊社で以前、設計した「美しが丘の家」もパッシブハウスの考え方で設計しています。

リビング・ダイニング空間は階段~スキップフロアーのファミリースぺ-スと2階廊下を含む

吹抜け空間と、気積の大きな部屋ですが

先日、クライアント候補の方とお宅訪問させていただいた際も

クライアント候補の方が奥様に「吹き抜け空間は寒くないですか?」と

質問されていましたが、奥様曰く

今年の夏場は、リビングのエアコンをつけていただけで快適に過ごせたそうです。

また、冬場はお弁当づくりのために早朝に床暖房を1時間ほど入れて、

その後はスイッチを切っても日中に太陽の熱を床面が蓄熱して、その熱で翌日まで

快適に過ごせているとのことでした。

開放的な吹抜け空間が、暑さ寒さで左右されなくなると非常に快適な生活が送れると思います。

 

皆さんも、しっかりとした温熱環境の住宅で伸び伸びと暮らしてみては如何でしょうか。

田都会では、温熱環境を得意とする建築家がご相談にのります。

お気軽にお問合せください。。

 

弊社HPにも色々な事例を掲載中です。

よろしければコチラもご覧ください。

http://www.miyazaki-aa.jp/index.html