menu
Blog
日本の住まいの価値と寿命…….その3
2018.9.4
高橋 隆博
9月に入りました、皆さま如何お過ごしですか?アトリエ秀の高橋隆博です。

前回までの「その1~2」では、日本の家は今やマッチ箱ではなく、性能やデザインも格段に良くなってきた
にも関わらず、未だ寿命が短い。
その理由も「木造だから」「日本の気候が厳しいから」ではない!ということがお解りにったと思います。

では、日本の家は「いつ!、なぜ?」壊されているのでしょうか。。。。。
先ず「いつ」では、世代交代や家族構成が変わる(二世帯や新たに家族が増える)時の建替え時に多いのは
お察しの通り。そして近年新たなケースといえば、お子さんを持たない方や独立した子らとは同居されない
方々に多い、ご自分で建てた家を定年や引退を機に、老後に備えた建て替えるケースも増えてきました。
一方で、著しく低い日本の中古流通率が示す様に、持主が変わる時(売買等)はかなりの確立で建替えられています。

では「なぜ」を分析すると……劣化等による耐久性の限界という当り前のケースと並んで「家への不満」の
多さが目につきます。家に対する感覚的(趣味嗜好や価値観)や物理的な要求は人により異なります。
また、本人であっても時代や年齢によっても変化をすることは自然なことであり、欧米やその他の地域でも
同様であります。

ただ、この「家への不満」を理由に壊す(建替える)ことこそが日本特有の住宅事情であり、広さ、デザイン、性能、どれも進化しつつも
その寿命が伸びていない最大要因!   ………………その4へ続く

たまプラーザにある田都会の「家づくりカフェ」は、
ウェブサイトに掲載されていない建築家の事例写真や建築事例の情報など、建築家との家づくりの実際をご覧いただける
家づくりの情報発信スペースです。お買い物・お散歩のついでにお気軽にお立ち寄りください。
定期的に各種家づくりに関するセミナーも開催しています。

家づくりカフェ

家づくりカフェ (田園都市建築家の会事務局)

営業日・営業時間
  10:00~17:00   定休日 毎週水曜日
  年末年始 休業(HPでご案内いたします)

お問合せ先
  TEL: 045-482-6140 FAX: 045-482-6141
  e-mail  info@denen-arch.com
  〒225-0002
  神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-12-3 第7松美ビル201
  [Google Maps で開く]

※ 現在、新型コロナウィルスなどの感染症対策のため、同時にご入場いただくグループを制限させていただいております。
右の下の予約フォームからご予約いただくか、お電話でご来場日時をご一報いただいてからのご来場となる旨、ご了承ください。
※ 感染症対策のため、マスクをつけてのご入場をお願いしております。
ご協力のほどお願いいたします。

ご来店のご希望日時を指定してお送りいただけます。
受信後田都会からメールを返信いたしますので、それをもってご来場予約の確定とさせていただきます。
当日などお急ぎの場合はお電話でご連絡ください。
TEL: 045-482-6140

「家づくりカフェ」ご来店日時希望フォーム

    ※定休日の水曜日以外をご選択ください。

    このコンタクトフォームは Google reCAPTCHA で保護されています。
    プライバシー - 利用規約

    田都会では、土地や建築予算などが未定でも家づくりのご相談を始められます。
    家づくりに関するお問い合わせ・ご質問はこちらから。

    お問い合わせフォーム