Blog
全館空調って・・・その1
2018.4.7
吉田 立

 

こんにちは、リツデザイン建築設計事務所の吉田です。

 

今日は全館空調について、少し長くなりますので、2回に分けてご紹介したいと思います。

 

(写真は「千川の住宅」の空調機、主に冷房用として採用しました)

全館空調、という言葉、一度はお聞きになられたことがあると思います。

『○○の全館空調』のようなものを売りにしている住宅メーカー・建設会社もありますね。

 

私たちも「一番良い空調はどれか?」と聞かれることがありますが、これは様々な方式があり、ユーザーが何を求められているか、で空調方式を選ぶ基準がガラッと変わってきます。

 

私たち設計事務所は、メーカーに縛られることなく、どのような空調方式も選択可能です。

お施主様の求められる「住まい方」を実現するために、様々な方式をご提案し、お施主様と一緒に最良の方法を探し出していきます。

 

さてそれでは全館空調について、とお話したいところですが、空調と併せて室内の空気の入れ替えをどのように行うか、を考える必要があります。

 

気密性が高くなった現在の住宅において、計画換気は必須です。

 

住宅で使われる換気方式は

第一種換気→給気も排気も機械で行う

第三種換気→排気のみ機械で行う(以前はこれが主流でしたね)

の2種類。

 

ここでは給気も排気も機械で行う第一種換気について、何を基準に選ぶと良いかをご紹介します。

 

≪熱交換器について≫

気密性の高い住宅において、計画的に室内の空気を入れ替えてあげることが必要です。

室内の空気を屋外に捨て、屋外の空気を取り込むわけですから、そこで温度の違う空気が室内に入り込みます。

寒い冬には暖かい空気を捨てて冷たい空気を取り込み、夏はこの逆のことが起こります。

 

当然エネルギーのロスが発生しますので、「捨てる空気」と「入る空気」の間で『熱』を受け渡しましょう、というのが熱交換器の基本的な役割です。

 

この熱交換機には以下2種類の方式があります。

 

(1)全熱交換式

温度の受け渡しだけではなく、「湿度」も受け渡しをします。

◯梅雨の除湿、冬場の乾燥防止に役立ちます

△室内で発生する強い湿気、強い臭気に弱く、別の換気計画が必要になります。

△熱交換器が汚れた場合、素子の交換が必要になります。

 

(2)顕熱交換式

温度のみの受け渡しをします。

◯湿度・臭いを回収しないため、全室まとめて換気計画が可能です。

◯熱交換器が汚れた場合、水で洗浄可能です。

△屋外が高湿度になった場合、室内にも湿気が入り込みます。

△冬場は室内が乾燥傾向になります。

 

 

上記の違いを簡単にまとめると、湿度コントロール、清掃性(臭いを含む)の2点になります。

 

この、湿度と清掃性についてのお施主様のお考えは、全館空調方式の選択にも大きく影響してきます。

 

 

ちなみに花粉やPM2.5を取り除くのは、熱交換器に付属するフィルターの性能に依り異なります。

このフィルターの性能もメーカーによって様々。

目的やコストを良く把握して絞り込んでいきます。

 

先ずは熱交換方式を選んだ上で機種選定に入る、ということですね。

 

 

はー、、、文字だけなのに長くなりました。

読むのも疲れましたよね、 、

 

ここまでお付き合いありがとうございます。

真剣に空調方式をご検討されている方のお役に立てれば幸いです。

さらに気になる方はgoogle先生か私まで、どうぞお気軽にお問い合わせください(^ ^)

 

全館空調についてはまた次回!

 

ありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ