Blog
ペットとのくらし孝
2018.3.14
高橋 隆博

空前のペットブームですね。今や<ペット>は<子育て><介護>と共に経済の三種の神器と言っていいようです。時代は「ペット可」から「ペットと楽しむ」「ペットと癒し」といったハードからソフトそして質へと移っています。

      

巷では、犬とのくらし~猫とのくらし~を題材にしたコンテンツがそこかしこに氾濫するようになり、それに比例して眉をひそめてしまう内容も増えています。興味本位や知ったかぶりだったり.......

近年、私の講演や執筆の中でも、「犬や猫」の内容に関するの依

頼が増えてきています。

 

ペットを家族として暮らしを楽しむ環境は、以前より格段に整って来ています、エアデールテリアと暮らす我家にとっても喜ばしいことではありますが、人間のエゴと動物に対する無知さ加減に出くわす度、ペット業会(モラルと教育)の未熟さを痛感し、欧米との差を感じざるを得ません。

ペットの幸せのかたちはひとつではありません。そして動物本来の生態を知らずして安易な仕掛けに走っても、結果として人にもペットにもストレスを生んでしまうものなのです。(最近の寄稿です→エクスナレッジ)